CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SPONSORED LINKS
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
くじらちょーかわいそー
以下の記事、もう全面的に賛成。
なので紹介させていただきます。

中華的生活「多少銭?」: ヘソガチャヲワカス
何のことはない、「殺す」という行為を
他人にやらせておいて、自分だけが高みに
いて「動物愛護万歳!」と叫んでいるだけの
卑怯者じゃないか。


ハンバーガーをむしゃむしゃやりながら
鯨が可哀想、とかいってる連中の顔面にパンチしてやりたいね。
| MiSCELLANY | 21:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
キーチが大人になったなら
とりかご 島根のお中元販促中 - フィリピン ダバオ市のドゥテルテ市長まとめ
俺のいたフィリピンのダバオ市のドゥテルテ市長は
Davao Death Squad通称DDSという
私兵を持っていて
重犯罪者、麻薬関連、性犯罪者などを
ぱんぱん撃ち殺しています。
フィリピンでは有力者に頼んで不起訴にしてもらうとか、金のある人間は刑期が短くなったりとかが多いらしいのですが
凶悪犯は出所しても射殺されます。

すげえ。
ドゥテルテ市長(読みにくい)すげえ。
法治とかなんとかそういうしがらみの遥か上空を飛んでますね。
重犯罪者、性犯罪者は瞬殺

これが正しいとは言いませんし、
特に治安の悪い国でこそ有効というのはわかっていますが、
強姦魔兼殺人鬼のようなクズを無期懲役にして、
10年もしないうちにそいつが出てきて、
再犯によってまた犠牲者が出る
というどうしようもない連鎖が続いている日本も、
この市長からちょっとくらい学ぶ部分があるのではないでしょうか。

いや、犯罪者を即射殺しろとはいいませんが、
死刑制度がそんなに嫌なら終身刑を作れよ、と思います。
それに、再犯率が高いという性犯罪者を何年かでリリースする判決を下す
裁判官って、次の犠牲者のこととかどう思ってるんでしょう?

話が横に逸れますが、
強姦魔兼殺人鬼に「更正の可能性」があることが酌量の余地になる、
ってのがそもそも自分には分かりません。
万が一更生したとして、それがどうしたっていうんだ。
| MiSCELLANY | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
ぷらら偉い
ITmedia News:ぷららのWinny遮断はBフレッツ限定、解除も可能に
ぷらら偉い!
いや、解除を可能にしたことじゃなくて、
がんばって遮断サービスを設けたところがね。

正直、こういうプロバイダがあってもいいと思います。

ユーザはプロバイダを選択できるわけですし、
リソースのかなりの部分を特定のトラフィックが占めていて、
それに対処する為のインフラ投資を
リソースを殆ど使用していないユーザーにも負担させる、
ってのは不公平感がありますから。

サービスなんだから、
がんがんインフラ投資して高いけどスループットのいいプロバイダと、
サービスを絞って安く抑えるプロバイダと、
という棲み分けがあってもいいと思いますよ。
| MiSCELLANY | 21:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
耳から離れなくなって頭がおかしくなりそう
強要逮捕:「店内のBGM変えぬと殺害」 埼玉−事件:MSN毎日インタラクティブ
 埼玉県警川越署は4日、同県日高市下鹿山、派遣社員、星野哲哉容疑者(34)を強要容疑で逮捕した。

 調べでは、星野容疑者は5月14日、川越市脇田本町の生活雑貨販売店内に設置された意見箱に「曲を改善しろと何度言っても聞かないなら店の1人を殺害する」と書いた脅迫文を入れ、同月15〜29日の間、店内のBGMを止めさせた疑い。
(中略)
星野容疑者は4月下旬から数回、「音楽なんて流すな」と意見箱に投かんしたり、従業員に苦情を言っており、4日午後3時ごろ来店したため従業員が交番に届け出た。

脅迫はイカンが、気持ちは分かる...

スーパーで流れてる魚の歌なんか、
客ですらしばらく居ると気が狂いそうになる。
ドンキホーテの曲とか、特に酷い。拷問に近い。
店員の人達はどうやって耐えてるのか不思議。

苦しい時期を乗り越えると、その存在を無視することができるように
なったりするのでしょうか。
| MiSCELLANY | 23:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
押したんだから死んでるはず
ITmedia News:「デジタルなのに手作り」 太郎商店が挑む、バカコンテンツ新ジャンル (1/2)
「自爆ボタン」は存在は知っていましたが、
押しても何も起こらないというのが
自分的にはなんとも中途半端なイメージでした。
しかし...
「自爆ボタンデジタル」は頭悪すぎていいですね。
↓の文を読んで笑いました。
 自爆ボタンデジタル、略して「自デジ」は、自爆ボタンのデスクトップアイテム版。手作り1点ものではないが「1回押すと2度と使えなくなる」という、デジタルコンテンツにあるまじきホンモノ感が売りだ。

確かに、押した人間は死んでるはずだから、
二度押せる必要はないですよね。

だったら、「自爆ボタン」も、押すとびよーんとバラバラになって、
組立て直さないと使えない、
くらいの機能をつけてしまうといいんじゃないでしょうか。

買わないですけど。
| MiSCELLANY | 23:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
北京五輪予想
中華的生活「多少銭?」: 脳内北京五輪
ネタなんですが、妙にリアルで笑えます。
・日本選手団入場の際には万が一のブーイングに
 備えて、歓声のテープを用意すると共に、
 その時だけ電波障害が起こって映像が遮断される
 予定。

なんかは本当に起こりそう。
| MiSCELLANY | 23:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
安心安心
On Off and Beyond: 長いものに巻かれない
「滞納の罰金通知」が来た。なんと2500ドルくらいあった。30万円じゃ。うーむ。厳しいのぉと思ったが、まぁ遅れたのは自分の責任なので払った。

しかしこれをアメリカ人に

「かくかくしかじかで払った」

と言ったら、みな軒並み

「えー、うそ!本当に?私(僕)だったらIRSに手紙を書いて抗議する。きっとチャラになるよ」

マジか。でもルールはルールなんじゃないのか。

ちょっとゴネたら払わなくてよくなるのか...
まあ、もしかしたら「ちゃんとした事情があったらok」と法律に書いてあるのかもしれないけど。
しかし、自分も払ってしまいそう。(お金に余裕がなかったらゴネるかも)

で、
「ルールは人のためにあるのであり、人がルールのためにあるんじゃない」
というのはまったくもってその通りと思うのですが、
「ルールは人のためにある」ということを前提とした上で、
日本人である自分はこう考えてしまいますね。
「ルール自体が理不尽であるか、特殊な事情のないかぎり、
 ルールは可能な限りシステマティックに遵守されなければならない。
 そうでなければルールを定める意味がない。
 「ルールがシステマティックに行使されている(誰かの勝手な裁量の入る余地がない)
  = ルールを守っている人は安心」だから。
 大体、ちょっとゴネたくらいで簡単に法がひっくり返るのなら、それは法治じゃない。
 例えば、イチ公務員のサジ加減一つで得する人が出たり損する人が出たりするということがあるとすれば、
 それは法治が不完全ということ。」
まあ、裁量とかサジ加減とかの余地は、ぶっちゃけ少しはあったほうがいいと思いますけどね。
少しはそういう余地があった方が、結局世の中上手く回ると思うから。

というわけで、自分の中では決して「長い物には巻かれろ」という発想ではない。つもり。
どうも日本人には「ルールに縛られ、ルールを守る事で安心感を得る」という部分があるみたいです。
「菊と刀」にもそんなことが書いてあったような。
自分はいいと思うんですよね。それはそれで。
だからこそ日本は「安心」な国家なわけだし。
「ある日突然滅茶苦茶な事件が起こる確率」って、おそらく外国に比べて格段に低いですよね、日本は。
海外行った事ないんだけどさ。

あと、話がどんどん脱線していきますが、
権利権利って主張する人にはどうも違和感が爆発するんですよね。自分は。
権利って別に自然界にそのまま存在するものじゃねーだろう、と。
権利の存在に根拠を求めるのなら、法とか神とかそういうものを持ち出さなきゃいけないだろう、と。
で、法には義務や権利の制限も定められているだろう、と。
それでなんで義務や制限は全無視で、
権利を主張するときばっかり法律を盾にするんだと。
自分に都合のいい部分だけ採用してんじゃねーよ、と。
アナーキスト気取りたいんだったら、義務や制限を拒否する代わりに、
「俺/私は権利も主張しねーぜ!」と言ってみろ、と。

長年そういうことが言ってみたかったので、この機会に言ってみた。
| MiSCELLANY | 23:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
たけしまのひ
今日は竹島の日。
がんばれ島根県。

かえれ!竹島

フォトしまね
| MiSCELLANY | 22:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/11PAGES | >>